wanta-0807の日記

中島健人が命綱の菊池風磨沼

よし! ストレス社会に打ち勝つために、Sexy Zoneリモート円盤鑑賞会をしよう!②

前回のあらすじ。

武士の情けでSexyZoneに興味を持ってくれたKさんに、ドアノブ直送システムで特典やライブ円盤を見てもらうことに成功したわたしさん。

初めは「楽しいけど、沼落ちまではないかな~」と言っていたKさんだったが、Repaintingを見始めた途端、なにやら様子がおかしくなって――

 

こんばんは、わたしです。

 

まあまあ長いことオタクをやっているわたしさんですが、実は布教というものがあまり上手ではなく。好きなモノのどこがいいのか言語化したり、相手のタイプに合わせておすすめの仕方を変えたりするのが苦手なんですよね……。

 

とはいえ、せっかくKさんが見てくれるなら、できるだけSexyZoneに好感を抱いていただきたい。彼らが輝いていてカッコよくてお歌が上手くてべらぼうに顔がいいことだけは覚えて帰っていただきたい。

そんな思いで最初の直送便でお届けしたのがこちら。

 

  • ライブ前にメンバーを覚えてもらおう! ⇒ ポプステ特典・熱海サイコロ旅
  • 自身がSTAGE⇒Repainting⇒PAGESと見てメンタルがぐちゃぐちゃになった経験を踏まえ、まずは完成度が高く、人物の識別がしやすく、もっと見たい! となった時に悲しい思いをしないように ⇒ PAGES
  • 上記2枚の視聴が終わったら、どうしても「My Life」だけは見て欲しい(遺書的な意味で) ⇒ Repainting

 

まあ結論としては、マジでわたしさん布教の才能ないな!!! という結果になりました。

PAGES視聴中、まあまあの頻度でわたしさんをいじっていたKさん。ステージングを冷静に分析して、ついでにわたしさんの分析までして、「菊池さん上手いね~、ここ刺さったでしょ」と上げては落としてわたしさんという皮袋からえも言われぬ音を出させていたKさん。

そのKさんが、Repaintingの視聴を開始した途端――

 

「え…………か………え……かわ…………え……え……」

嘘でしょ、ひらがな3文字以外の語彙が消失しとる。

 

「え、……っか、か……ええー……」

おお……?

 

「え…………聡ちゃんさんかわいくないですか?」

真顔やん。

やっと意味のある言葉を発したと思ったら真顔やん。

そしてなぜ丁寧語?

 

「え待って。え、かわいい……かわいいですよ、かわいい」

え、どうしよう面白い。

語彙と分析と冷静さの鬼のIQがダダ下がりしとる。

 

「アイドルだ……えらい……聡ちゃんはえらい……かわいい……えらい」

お、少し語彙が増えた。

その代わり、わたしさんと一切目が合わなくなった

 

「え、時間……え、うそでしょ、どうして……どうして……」

うんうん、続きは言わなくてもわかるよ。

どうしてこの円盤を先に見せてくれなかったの? だよね。

 

正直めちゃくちゃごめん!!!!!

 

わたしさんに好き傾向の読み取り力が低すぎたせいで、ここで切り上げないと社会人としての死を迎えるしかないタイミングで聡ちゃんに出会わせる事態となってしまった。

慌ててスケジュール調整をして、次回の円盤鑑賞会を企画する我々。

み、見てもらえる時間が増えたことを喜んではないですからねっ、本当に7割は申し訳なさ感じてましたからね。残り3割は聡ちゃんありがとう!!! でしたけども。

 

そんなこんなで後日、鑑賞会の仕切り直しです。

どうやら聡ちゃんが刺さりそうと知ったわたしさんは、第2弾のセクゾ直送便をご用意いたしました。

 

  • すでにお届け済み ⇒ Repainting
  • ここはこれしかないでしょ ⇒ POP×STEP!?
  • フォロワーさんからいただいた聡ちゃん復帰発表後4人RUN&聡ちゃん復帰5人RUN

 

どーーーですか!!

今度こそわたくしやりましてよ、この完璧な布陣!!

これはもらった。必勝です。約束された勝利です。

見てもらえるだけでも嬉しかったのに、もしかしたら一緒に入沼してくれるかもしれない。そのわくわくと期待でわたしさん、はしゃぎすぎて爪をメンカラに塗って、やっぱり好物を並べて、やっぱり朝まで眠れずに当日を待ちました。

f:id:wanta_0807:20210913032437j:plain ※はしゃぎすぎて塗ったところ「本当にはしゃぎすぎてて二度見した」とNさんに言われたセルフネイル

※わたしさんだってなーーー、ペンラがあったらペンラでこの衝動をいなせてたの! うちわとかペンラってこの高揚を表すためのアイテムだったんですね、今切実にほしい!!!

 

「Repainting」開始

さて、あらためてRepaintingの視聴開始です。

Kさんは「や、でも何日か開いたし、初見の衝撃はなくなってるから大丈夫だと思う」となぜか強気な態度です。

 

「普通に聡ちゃんの可愛さを楽しむつもり~」

よし、聞いたからなその言葉。

 

「かっわ!!!!!!」(特大)

冒頭、メンバー紹介Vの聡ちゃんのあっかんべーで、いきなり声をあげるKさん。

手を叩いて笑うわたしさんとNさん

むしろ間を置いたことで前回より反応がでかくなってる。

やだ……友達の沼落ち面白い……どうしようこれは、本当に癖になる悪いエンタメだ……。

 

ちなみに一方のわたしさんは、今回まあまあ余裕がありました。

なにせ沼落ちしてから3週間、「My Life」目当てにRepaintingは10回以上視聴しています。なにが来るか分かって身構えていれば、特効が直撃しても耐えることができるんです。

……まあ、なぜかその代償として菊池くんのここ刺さるなーというタイミングで「菊池!」と声をあげる謎の癖が生まれてしまいましたが。

歌舞伎の大向こうの掛け声じゃないんだからさ……。※歌舞伎の途中『成田屋!』とか入るあれです

でもなんかまだ、なにがしかの声を出さないと落ち着けないのよ……。

 

さておきわたしさんの「菊池!」と、Kさんの「か……やだうそかわ……っ」と、Nさんのしみじみした「あ~、ここの勝利君かわえ~」という噛みしめ声が響く中、Repaintingは進んでいきます。

 

「Unreality」

「うそだ……!!! かわいい……!!!」(悲鳴)

いやもうほんとごめんなんだけど、賢い女が語彙を消失するの、それだけでべらぼうに面白い。

自覚があるのかないのか、PAGESの時には、菊池くんの上着を肩から落とすタイミングの上手さとか、ケンティーの顔がかっこよすぎて圧を感じるとか、ちょいちょい指摘しては褒めて(?)くれてたのに、まったく一切そういうのがなくなってる。

いいぞ、いいぞ! その調子だ!

 

「プンププンプン」

「や~……プンププンプンは人生なんですよ」

Nさんのしみじみした格言が飛び出す。

いやでもわかる……プンププンプンのありがたみ……ありがとうしかない。

このエントリ、Kさんの沼落ちのことを書くためのやつなのにこういうの差しはさんでしまって本当にすまないなんだけど、菊池風磨くんみたいなイケ散らかしてオラついてても通用しそうな人がド本気に可愛い動きしてくれるの信じられないくらい刺さる。本人はもしかしたら、こういうのギャップあるほうが美味しいでしょ? って自覚してるかもしれないけど、マジその通りですありがとうございます!!! 以上、声のでかい早口の余談。

 

「カラフルEyes」

ケンティーと聡ちゃんの社交ダンスシーン。

「待って、これもっかいみていい??!??!」

で、でーーーー!!!

一時停止要求と巻き戻し要求です。早口です。いいぞいいぞ!

いやでもわかる……ここ最高なんだよね……。Nさんも「これを見た瞬間FCに入ることを決めました」って言ってました。ちなみにわたしさんは、初回ここの振り返り菊池さんに思うさま蹂躙されて呻いていたので「え、ごめん見えてなかった」と言ってNさんにめちゃくちゃ怒られました。あ、アイドルさんのステージって、目がふたつじゃ足りないよね!(ごめんなさい!)

 

「Birthday for you」

この曲の聡ちゃんかわいいんだよな~と思っていたら、やっぱり覿面に刺さってました。

オーバーサイズの衣装が聡ちゃん動きのかわいさとあいまってて、写真も100点のお顔してるし「ほんとうに、おめでとう」って全部ひらがなで聞こえる言いかたも完璧。

 

「か……わ……」

しかし君、ほんとにかわいい以外の語彙消失しとるやないか。

 

「My Life」

無事死亡しました(ご報告)

マジでその体幹愛してるよ……。

 

「Mermaid」

「完っ璧…………アイドル……」

それっきり言葉を失って聡ちゃんを見るKさん。

人が変われば推しが変わる。でもなんか、推しに対して抵抗は無意味なところは、一緒なんだね……。

 

その後も基本的には「か」と「わ」と「い」と「嘘でしょ」しか言わなくなってしまったKさんなので、Repaintingについてはここまでとします。

当初、この円盤を最初に見せなかったことをめちゃくちゃ反省していたけど、でも最初にRepainting見てたら、PAGES見れなかったと思うんだよね。結果的にわたしさんグッジョブだったということにしたい

 

「POP×STEP!?」

残念ながらご用事があってここでNさんが離脱して、わたしさんとKさんのサシでの鑑賞会となりました。

ポプステの見かたについては迷ったのでKさんに訊いてみます。

 

復帰したばっかりで通しでは出てないけど、聡ちゃんが出てるとこだけ見る?

Kさん「いや、せっかくだし全部見るよ」

は~~~、ええ人!

そんなこんなでポプステ開始です。

 

Kさん「へえ、演出がっつり配信にふってるじゃん、いいね英断」

Kさん「あ、え、マリウス君すごい上手くなってない?! え!?」

Kさん「勝利君ダンス!! 上手くなってる!」

Kさん「えっ、菊池くん歌うま! ケンティーつよ! すご!」

 

あ~……感想が沁みる。

そう、わたしも本当に何度も何度も驚いてしまったけど、円盤1枚ごとの彼らの成長速度ヤバいんだよね……そんなに変わってることある? 信じらんない加速度。推しててこんなに嬉しいグループなかなかいないよね。

 

もう前半は基本的にわたしさんが情緒を乱し、それに対してKさんが的確にコメントを返すターンです。

極東最高。BONBON最高。Make me bright の歌声震えてしまう。菊池くんの声がすでにこの域(というかSZ10thではもっとなんでしょ……こわ……約束された死……)に達してることを知らずに「この人、もっともっと上手くなりそう」とかSTAGE見ながら言ってたの、本当に愚かだよなって噛みしめてしまう。ほんとにほんとにすみませんでした!!

 

そしてとうとうきました「ぎゅっと」

歓迎ムードの明るい雰囲気で始まっているにも関わらず、Kさんが絶句しています。

しばらく絶句したままみて、ぽつりと「歌ってる……」と呟きました。

わたしさんも「ぎゅっと」は大好きだし、ポプステの「ぎゅっと」はちょっと言葉にできないよさがあるけれど、こちらに伝わってくるくらいKさん側の空気が張り詰めている。

聡ちゃんの一挙手一投足を見逃すまいとしてるのが手に取るようにわかる。

あまりの緊迫度合いに、わたしさんも何も言えず息をひそめて「ぎゅっと」を聞く。

 

そして「どんなにいまツラくたって 君を待ってる人がいる」と聡ちゃんが歌った瞬間。

見ちゃってごめんな……。

わたしさんも泣いたけど、そこ、泣いてしまうよな……。

 

「ねえ……」

しぼるようにKさんが声を出します。

「聡ちゃん……上手くなってる……」

そ~う~な~の~~~~~!!!!!

ここでわたしさんも涙腺が崩壊。そうなんですよ~、お休みして、戻ってきて、それだけでもとんでもなくすごい、勇敢で、想像もできないほど覚悟の決まった行為なのに、なんと聡ちゃん歌もダンスも上手くなって戻ってきてるんですよ。

「すごい……上手くなって……」

Kさんの感極まった声を聞きながら「ぎゅっと」が終わりました。

 

「Not found」

「すごい!!!! かっこいい!! 聡ちゃんかっこいい!! すごい!!!!」

急転。

Kさんのテンションが爆上がり。

Kさんが初めて、聡ちゃんを「カッコイイ」って言った瞬間です。

いやでもわかる。

Not foundの聡ちゃんは本当にかっこいい。ダンスがめちゃくちゃ上手くて、自分に視線を集める術を覚えていて、グループ内で一番小さいはずなのに、動きの大きさと綺麗さでぐいぐい主張してくる。もともとよく体の動く人ではあったけど、魅せる方面への伸びが半端ない。本当に『かっこいい』としか表現できない。

ありがとう聡ちゃん。

こんなにすごいステージを見せてくれて、本当にありがとう。

 

「One Abillty~Spark Light」

余談で申し訳ないんですけどこの2曲続きが好きすぎて、毎朝ここを見てから仕事を始め、仕事に詰まったらここを見る、みたいな生活を送る上でのお守りみたいになってます。

最高ですね……語彙がないので最高としか言えません、最高です。

ポプステ、いいアルバム。ありがとう。曲が暴力的に好きで演出が最高で菊池風磨の歌が上手いです、召されるわ。

 

そんな訳で、この2曲はどうしても見て欲しくてお付き合いしてもらいました。が、さすがにさっきのNot foundを見せた後におあずけしつづけるのは酷なので、続きはKさんおひとりの時に見てもらうことにして、一足飛びにライブの最後に飛ぶことにします。

 

「RUN」

冒頭の聡ちゃん涙目の時点でKさんの湿度が上がっています。

ぐすぐす言いながら「うまい……すごい……かっこいい……すごい」と呻いています。

しかしわたしさんはこれを指摘したり笑ったりすることはできません。なぜならわたしさんも同じように半べそだからです。

曲の終盤、みんなが走り出した瞬間、同時に鼻をかむふたり。ずびずびのどろどろで最早目も当てられません。Kさんとは10数年の付き合いですが、こんなにボロボロに泣いているKさんを見たのは初めてです。

 

「聡ちゃん出てたとこ、もう一回みてもいい?」

もちろんよ!!!

 

「聡ちゃん……ほんとに……上手くなって……」

うん。うん。わかるよ……すごいよね。

 

「聡ちゃん……」

あのね、感極まっているところに追撃をするのは、本当はちょっとだけ良心が痛むんだけど、もう1枚ディスクが入ってるの気づいてるかな……?

 

「2020.08.21ミュージックステーション RUN」

完全形を見る前に、やっぱり見てもらわないといけないこれ。

ダビングしていただいたディスクなので1枚しかないため、リモコンを握るKさんに日付を指定して見てもらいます。

 

Kさん「マリウス……!?」

そうなの……マリちゃん覚醒しちゃってるよね……。かっこいいの……。

Kさん「勝利君!!!!」

ねーーー!!!(もう同意しかできない)(RUNの勝利君の歌いかた大っ好き!!!)

ところでちょいちょいいらん情報はさんでごめんなんですけど、この時の菊池風磨くんは目のハイライトが完全に消えていてド好みの顔なので、わたしさんはハニハニのPVとこの時のMステちょっと恥ずかしいぐらい見返してます。目のハイライト消失した菊池風磨の顔面の色気のことだけ何時間でも話していたい。とてもとても好きです、ありがとうございます。

 

「2020.09.12 THE MUSIC DAY RUN」

続けてこちら。

5人の後ろ姿が映った時点で、Kさんが「うぐ……っ」って言う。

櫻井君が「1年9か月ぶり、また5人で走り出します」って言ってくれたところで、わたしさんも「うぐ……っ」って言います。

 

君がいなきゃ何も始まらない 合わせた手と手 掲げろ――

 

強くなって。

かっこよくなって。

上手くなって。

高い高い壁を乗り越えて、くじけないで、真っ直ぐこっちに視線を向けてくれる聡ちゃん。

その努力と誠意と覚悟と、持ち前の率直な明るさと柔らかさ、愛らしさや放っておけなさ、色んなものが結実して、松島聡くんという形になって画面に映ってる。

 

4人のRUNだってとってもよかった。

あれで物足りないなんて言うつもりはこれっぽっちもない。

だけど5人のRUNは、これが完成形だっていうただの事実を圧倒的に伝えてくる。

 

マリウス君の肩に、聡ちゃんが、ぽん、って頭を預けた瞬間に、もう何度も見てるのに見るたびに涙があふれてしまう。

正直、あんまりめそめそした気持ちでばっかり聡ちゃんのことを見たくはないんだけど、信じられないくらい強く輝くようになって戻ってきた姿を見るとどうしても心が動かされてしまう。

なお、Kさんの情緒は無事にぐっちゃぐちゃになりました。

ごめんな……でも、このRUNは見ないといけないRUNだから……。

 

その後は、同じディスクに入っていたCDTVライブ!ライブ!やMステのNot foundを見てもらって解散です。CDTVのNot found……かっこいいですよね……。

 

ほんの1日でかわいいからカッコいいまでをノンストップで注ぎ込まれてしまったKさんは「聡ちゃんをもっと見たい……」「聡ちゃんをください……」「聡ちゃん……」と呟くbotさんになってしまいました。

おもしr……じゃなくて可哀そうだな、これは責任を取らないとな、と思ったわたしさんはセクゾ直送便第3弾としてさらに「Summer Paradise 2017」をお届けします。

 

Kさん

「こんなに可愛いに全振りして……」

「私ステータスの弱点項目に「編み込み」「黒髪」「派手な和装」って入ってるんです」

「なんで衣装でいちいち刺してくるんだ……」

「いい布……布がいい……布……」

聡ちゃんくださいbotさんは、最後には布を褒めるbotさんに変貌していました。

いやあ、友人が気持ちよく沼落ちしてくれてよかった! わたしさんいい仕事した!

Kさんの視聴呟きを見届けたわたしさんは健やかな眠りにつきます。

 

翌朝――

Kさんが沼落ちブログを書いていました

うっそでしょ、はやい!!!!

いやいやはやい。言語化がはやい。わたしみたいに、好きって認めない音頭を踊らない反射神経のいい賢い女は行動が速い。

そんなKさんのブログがこちらです。

https://i-iammarroooon.hatenablog.com/entry/2021/09/07/025836

 

推しに出会って得たエネルギーの持っていきどころがわからなくなって奇行に走る旧友の姿に、わたしさん感動が抑えられません。

冒頭からオチまでがあまりに綺麗にはまっていて面白い。ちょっと冒頭のキンキさんのエピソードが強すぎて動揺したけど、それはまたそれ。

わりと日常忙しめの友人に推しを増やしてしまったことは申し訳なく思うけれど、まあ先に見たいって言ってくれたのKさんだしな! わたしさん悪くないしな!

そう思ったわたしさんはその日の深夜、セクゾ直送便第4弾をお届けすることにしたのでした。

そんな、持つべきものはご近所に住む面白い友達、というお話。

 

おしまい。

よし! ストレス社会に打ち勝つために、Sexy Zoneリモート円盤鑑賞会をしよう!①

とつぜんですが懺悔させてください。

わたしが、これまでどれだけアイドルにふれてこなかったかを。

 

実はわたし、2021年7月まで嵐の二宮君と櫻井君の区別がついていませんでした……。

 

一応、5人で並んでくれれば7割くらいで見分けることができていたのですが。

単独でCMに出てたりすると“嵐の二宮君か櫻井君のどっちか!”というところまでしか認識できない。

同じくらいの身長の、同じくらい顔の可愛い、なんとなくふにゃんとした人……う~ん、難問!

(ファンの方にしたらなにを~!! って感じだと思うのですが、アイドル識別能力の低さは当方としてもずっとずっとコンプレックスだったんですよ)(見分けられないと、結構バカにされたりもするので。これは本当に)

 

とまあそんなこんなで、どうも、わたしです。

 

でもでも、聞いてくれませんか。

あれだけアイドルさんのお顔の区別がつかなくてコンプレックスを持っていたわたしですが、今は違うんです。

なんとSexy Zone5人の顔をインプットしたところ、副次効果でジャニーズさんたちの顔をめちゃくちゃ覚えられるようになりました、えっへん!

人間の脳って不思議ですね……5人分のひな型を得たことで、いつの間にか他のアイドルさんも区別できるようになっていたんです。

いや~~、いくつになってもできることが増えると人間嬉しくなるようにできてる!

 

それはさておき。

今回は、有志数人とリモート円盤鑑賞会をしたところ、とっても楽しかったので思い出として書き残してみようかな~という試みです。

自己満足この上ないアレで恐縮ですが、お暇だったら読んでいただけると喜びます。

んでは、いってみましょ。

 

------

 

「はじまり」

先日ケンティーに惚れこみ、菊池風磨くんに情緒をズタズタにされたわたしさんですが、その後も楽しく、かつ忙しなく、順調に沼での生活を楽しんでいます。

現在は、セクゾのすごいところは入り口がどこであれ、最終的には箱で推すしかない! みたいな情緒になるところな気がしています。

毎日「5人がいい……5人がいいよう……」と呻いては、特典映像やライブ円盤を視聴する日々。

そんなわたしさんの姿は、どうも古い友人の目にはだいぶ様子がおかしく映っていたみたいです。

 

沼落ちした翌週ぐらい。

10年来の友人Kさんが声をかけてくれました。

Kさんはずっと俳優の赤楚衛二君を推していて、興味があるなら「彼女はキレイだった」の過去放送分をダビングするよ、と言ってくれたのです。

Kさんすごい! やさしい! だいすき!

 

ちなみにKさんとわたしさんは共に、在宅勤務者。

お互いワクチン接種が2回済んでおり、家は自転車で行き来できる場所にあります。

野外で待ち合わせて、DVDを受け取って即帰宅。

ありがたく「かのキレ」を見ながら通話アプリをつないで、Kさんとお話をすることとなりました。

しかしその時のわたしさんは、推しを見つけた直後のオタク。世の中のやっかいな人ランキングでもかなり上位でいい勝負できる状態です。

Kさんが言います。

 

「ねえ、待って。いつもの1.2倍ぐらいの速度で話してる」

 

わたしさんは、そもそも元からかなりの早口人間です。

なのにその1.2倍ってどういうこと?

 

「人間の出せる速度の限界にでも挑戦してるの?」

 

いや~~、おはずかしい!

でもなんかこう、心の底から沸き上がるこの衝動を余すことなく伝えるには通常の速度でお話してたんじゃとても間に合わないじゃないですか!

あと、フラットに話してるつもりなのに気づけば8割ぐらい菊池風磨くんの話になっちゃってることを自覚すると恥ずかしさで息が止まってしまう!

 

そんなことをやっぱり早口で言い訳すると、優しいKさんはこう言ってくれました。

 

「そんなにSexy Zoneっていいの?」

「ちょっと興味あるし、見せたかったら見てもいいよ

 

誤解しないでほしいのは、これ真面目にKさんの好意100%です。

オタクとして生き、布教をしたことがある人ならわかってくれると思うのですが、好きになりたての頃ってとにかく誰かと推しの話がしたいじゃないですか。

話して、あわよくば好きになってほしいけど、好きにならないまでもなぜこんなに自分がおかしくなっているのかの理由だけでも知っていてもらいたい。言い方は悪いですけど、例えるなら遺書。死因は菊池風磨の歌声とダンスと顔面です、余談。

 

長い付き合いのKさんとわたしさんなので、相手がなにかに興味を持ち、そこに自分が興味を持てそうだったら「見てもいい」というスタンスで、これまで友達づきあいを続けてまいりました。

つまり仁義と言うか、武士の情けと言うか、死に水くらいは取ってやるよ、という協定なのです。

 

ほんとに???! ほんとにほんとに見てくれるの??!?!

 

大喜びのわたしさん。

しかし、いかんせん三次元のいきものを布教したことのないわたしさん。

わたしにSexy Zoneを勧めてくれたNさんも通話に呼んで、なにから見せるべきか綿密な作戦を立てました。

 

結論、見てもらう円盤は『PAGES』にしよう。

これは、菊池風磨くんにメンタルをボコボコにされたわたしさんが、PAGESの特典ドキュメントムービーをまだ見れていないことが理由です。

だってわたしさん、もうすでに菊池風磨くんにオーバーキルされているのに、特典みたらもっと好きになるよって脅されてたんです。そんなおっかない未来予知ってある??!?!? 無理! こわい! というかもっと好きになるのって確定事項なの?????

 

そうなるともう、綿密な作戦もなにもありません。

Kさん、お願い。怖いから手を握ってて……。

 

「リモート円盤鑑賞会」

その日の話し合いで、休みを合わせてのリモート円盤鑑賞会が決まりました。

通話アプリでお互いをつないで、それぞれの家でせーの! で円盤を見始める遊びです。

なにせKさんのおうちはわたしさんの家からチャリ圏内。

ちょっと行ってドアノブに紙袋をひっかければ準備はそれで万全です。セクゾ直送便です。

 

これ、軽い気持ちで決行したんですけど、思いのほか楽しかったですよ。

わたしさんなんて楽しみすぎて、必要ないのに化粧して新しいスカートはいて、つけてなかったアクセサリーつけてテーブルには好物を並べました。

コロナでお友達と全然遊べないのって、思った以上にストレスだったんですね。

久しぶりの楽しい予定に、前日朝の5時まで眠れませんでした(小学生)

 

さて当日。

わたしは、Nさんから借りているPAGESを。

Kさんは、わたしがソロアングル目当てで買ったPAGESを。

Nさんは――あれ?? ねえNさん、PAGES何枚持ってるんですか……? なんか3枚以上持ってる感じじゃないです?

まあいいか。

とにかくNさんはNさんのPAGESをデッキにセットして、鑑賞会のスタートです。

 

ちなみにKさんには、メンバー把握のため事前に熱海サイコロ旅を見てもらっています。

どうですかこの用意周到さ。さすがわたしさん、根回しの達人。

あとはもう、皆で楽しむだけです。

 

「PAGES オープニング」

歓声。

ブルーのライトでステージが染まり、警官姿のJrさんたちが出てきます。

ライブの冒頭っていいですよね。

ぶわっ! って一気にテンションが上がる。

続けて画面ではSexy Zoneのメンバーがひとりひとりライトを浴びて動き始める。

まずは、お衣装が最高&お顔も最高の勝利君が、銃を構えて画面を睨む。

あ~~、いい、顔がいい! 盛り上がる我々。

マリウス君の衣装も最高! ちょっと魔法使いみもある。いや~可愛い! またちょっと成長した? 可愛……い……

 

あーーーーダメ!!!!!

 

忘れてた!!!!!!!

この円盤、菊池風磨くんの髪が赤いやつじゃん!!!!!

 

いきなり一時停止して、2人にぶーぶー怒られるわたしさん。

 

いや違うんです、聞いてください。

前回見た時は、途中で聡ちゃんがお休み中だったことに気づいてめちゃくちゃ落ち込んで、正直ライブの前半のことほとんど覚えてなかったんですよ……。

冒頭から菊池風磨がこんなにカッコよかったこと、すっかり忘れてたの!!!!

 

画面には一時停止された、ヤンキー座りでニヤリと笑う菊池風磨くん。

え……ちょっとこの腹立つほどのカッコよさ、尋常じゃなくないですか、平熱で見るの無理じゃないですか?

 

「も~、なんのために『せーの』でスタートしたと思ってるんですか!」

 

ごめん。ごめんて。

もう一時停止しないように気を付けるから許して。平謝りのわたしさん。

タイミングを合わせて再び『せーの』で開始です。

 

あーーーーー!!!!!

WANTED写真のその舌出しダメでしょずるいでしょやめてやめて無理……っ!

 

「ねえ……今度はわたしさんがちょいちょい画面から消えるから、気になって集中できない」

 

だって一時停止できないんだから、見えないところまで逃げるしかないでしょ??!?!

赤い髪の菊池風磨、ほんっっっとにダメ!!!

というか、Sexy Zoneが揃いも揃って顔面がつよつよのつよすぎて意味が分からない!!

ケンティーの髪色天才だし、勝利君は360度どこから見ても顔がいいし、マリウス君は1年ごとの成長が著しすぎて眩しい! すごい!

 

その後もカッコいい菊池風磨くんが映るたび、通話アプリの画面前から逃げ出すわたしさん。

大人しく椅子に座ってる場合じゃない。

自分でも大げさだと思ってるんだけど、PAGESの赤い髪色が似合いすぎてて、できるだけ冷静であろうとするわたしさんの脳を容赦なく狂わせてくる。顔が好き。好きな顔に好きな色の髪が乗ってる。その上声がよくて衣装がいいから全然まったく耐えられない。本当に無理。

いや、無理でしょ? なんで二人は一時停止しないで生きてられるの??? もしかして違う人類?

 

その頃、通話アプリには他にも数人の友人が参戦をし始めました。

「なんか様子のおかしいわたしさんを、砂かぶり席で見れるってきいたんで」

 

いやまって。それはおかしい。

だんだん会の趣旨が変わってきている。

わたしじゃなくて、Sexy Zoneを見てくれないかな!?!! 気になる人にはわたしさん円盤送るから!!!

 

おかしな挙動をすると注目されてしまうのがわかったわたしさん。

一時停止と画面外逃亡を自分に禁止して続きを見ます。

 

「Hands Up!」

Kさんの感想。

「あ、菊池くん、お腹見せるタイミングと見せ方が上手いね」

んんんん、最初のお褒めの言葉がそれっすか!?!?

「アイドルやってて、腹だしタイミングが上手いのは評価されるべき」

ソ、ソウナンダー。

 

Kさん「それと、確かに菊池くんの声、いいね」

そうでしょう!!!

 

Kさん「体動かすのも上手いね」

そうなんです!!!

 

Kさん「……ごめんだけど、褒めた時の同意の圧が強すぎるんだわ……」

ごめんなさい……。

 

だってKさんが菊池くんを褒めてくれると嬉しい……。

Kさんは、かなり以前からのKinKi Kidsのファンの人なので、アイドルの舞台を見慣れていて、褒め方が的確。わたしがなにでジタバタしてるのかを分かってくれる。

ちなみにNさんは、わたしがうめいたりねじれたりするたびに手を叩いて笑ってました

Nさんには返せないほどの恩義を感じているけど、ふつうにひどい。

 

「横浜RAP⇒Cocoa

「えっ、土下座!?」

違います……ただちょっと、椅子からその……滑り落ちただけで……。

 

「……武士がいる………」

慮外な……。

ただちょっと、椅子から落ちた後、負けたくない気持ちが高じて正座になっちゃっただけじゃん……。

Cocoaは……しょうがないじゃん……。

 

この時のわたしさんの姿をKさんがスケッチしてくれていました。

f:id:wanta_0807:20210911041202j:image

あー……自覚なかったけど、武士、なるほどね。

これを10年来の友人に見られたの、素で恥ずかしいわ……。

いや~、なんかもう、なんでこんなに情緒が乱されるのか本当によくわからない。

言うてPAGES見るの2回目だから、もう少し慣れてると自分では思ってたのに……。

 

「Twilight Sunset~UNSTOPPABLE~青い恋人あたり」

Kさん「今の声、弱いでしょ?」

あ、はい。

 

Kさん「今のはあんまり刺さってない」

え、あ、はい……。

 

Kさん「今の、顔隠して歌ったとこ、刺さりましたよね?」

はい…………。

 

Kさん「今の腹だしより、最初の腹だしのほうが好きだよね」

…………。

 

Kさん「今の『愛してるよ』は全然刺さってない」

 

Kさん「うん、だいたいわかった!」

何がよ!??!??!?

 

待って待っておかしい。これもしかして尋問

わたしさんがお伝えしたかったのはSexy Zoneがとてもよいということで、決して菊池風磨が所有するわたしさんへの特効スキルを棚卸してほしかったわけではないのよ!??!

「うん。でもだいたいわかった」

この後、だいたいわかってしまったKさんはちょいちょい「はい、今の!」と必死で好きを隠すわたしさんに追い打ちをかけるようになってしまいました。

邪悪!!!

でも言い当てられるの、ちょっとだけ嬉しさもある!!

待ってよ、これそんなプレイを楽しむ会じゃなかったはずなのに!!

 

「PAGES視聴後」

Kさん「あ~楽しかった! 懐かしいキラキラだった!」

Kさん「でも、エンタメとして楽しかったけど、沼落ちまではいかないかな~。わたしさんがなんで沼に落ちたのかは、すごくよくわかったよ!」

 

この感想に多少のさみしさは感じましたが、推しとの出会いは交通事故だし、無理に落とせるようなら、みんなここを沼とは呼びません。

それに元々Kさんは赤楚君ほか、すでに推しの俳優さんがいらっしゃる人です。円盤を楽しんでくれただけでも感謝しなくてはいけないのです。

 

この日はその後ドキュメントムービーも一緒に見て、すべてのRAPを叩きこまれ最後に「和歌山―――――!!!!!!!!!」となったところでいいお時間になってしまいました。

 

和歌山については、なんか、なんかもうまともな言葉にできないので割愛させてください。ひとつだけ言えるのは、わたしさん、なんでこんな人に敵うと思ってたんだろう。こんな隅から隅まで好みの塊の人を好きにならないでみせるとかちゃんちゃらおかしいんですよ。なんてかわいそうなわたしさん、という余談。

 

「Repainting」

最後に、Kさんにわたしさんからのお願いです。

 

お願いですから最後に「My Life」だけ見てもらえませんか……。

なにせ、友達に現状はまっているものを見てもらえる機会は貴重です。

これを逃したら、次にKさんがSexy Zoneを見てくれるのがいつになるかわかりません。

なので恥も外聞もなく、一番好きな菊池風磨をKさんに見てもらいたかった。

 

Kさん「あ、じゃあ最初からMy Lifeまでは見るよ」

 

どうですか! この人、こんなに親切な人、なんてステキなお友達でしょう! 優しい! やったね!!

ウキウキとみんなで、今度はRepaintingのディスクを入れます。

「せーの」

 

「オープニング~Unreality」

Kさん「………………ねえ」

はい?

 

Kさん「…………ねえ、わたしさん、一人増えた」

あ、そうなんです。その子がお話してた、一時活動休止してた子ですよ。

 

Kさん「名前は……?」

え、松島 聡ちゃん……だけど……。

 

Kさん「……これが……聡ちゃん……」

 

おや……Kさんの様子が……?

そう、その日の最後の最後になってわかったのです。

わたしさんとしたことが、Kさんに見せるべき円盤を、完っ全に間違えていたということが!

 

その②につづく

沼オチ報告だけで終わろうと思ってたけど、せっかくなので最高だったもぐもぐセクゾさん特典映像のお話をしよう。

菊池風磨が気になるのは悔しいって言うからセクゾの円盤詰めて送ったら、見てるうちに菊池風磨に膝をついて謝り始めて、これこれこれだよになってる(Nさんツイート要約)」

 

菊池風磨に情緒をジェノサイドされていた裏で、まさかこんな伏線をはられてたなんて……。

先日ブログを公開したら、まんまと「あ、膝ついてた人だ」って言われましたよね。そんな舗装路ってある???

めちゃくちゃ笑いましたが、当日は菊池風磨くんさんに抗うことに必死で気づいてなかったのが敗因ですね。

 

どうも、膝をついてた人こと、わたしです。

こんなにキレイな舗装済み垂直落下沼落ちロード初めて……。

 

直前のエントリーは、思ってたよりたくさんの方に読んでいただいてしまって、ありがとうございました。

膝つきの件もあって恥ずかしさで白眼を剥きましたが、わりと「わかる」「お手本の沼落ち」とも言ってもらえてて、

すごい、わたしだけじゃない!!

 

というかなに??? もしや気になったが最後、みんな膝ついて菊池風磨に謝るようになるの??? さすがにこわすぎじゃない??

 

みたいにな気持ちになりました。

どうやら好きって認めたくない音頭を踊るのは、わたしさんだけじゃないみたいです。同志がいるって心強いですね!

 

さて、本当はこのブログ、沼落ちの報告だけで終わらせるつもりだったのですが、せっかく作ったので、観たものの感想なんかも書いてみようかな~と思い直しました。

前回と違って、とっくに旬をすぎた話題にひとりヒートアップして感想をしゃべってるだけなので、もし暇で仕方ないのに読むものがない、みたいなことがあったらご活用くださいね。

 

ところで「pages」で情緒をぐちゃぐちゃにされたわたしさんですが、実はまだpagesのドキュメンタリーが観れてません。

や、だって、pagesドキュメンタリーまで観れば菊池風磨に陥落確定って言われてたのに「repainting」で早々に負けた女、こわくて観られないのは仕方なくないです? せめてもう少し抵抗力上げてからにしたい(悪あがき)(あと、平日にくらったらその週ダメになっちゃうから……)

 

なので平日は、特典映像など細々したものを見ていたんですけど、その中から備忘録的に好きだったものの話をしようかな~などと思っています。

題して、そんな強い顔面でその腹ペコは罪じゃない? または、もぐもぐセクゾさんぐう推せる 編

 

その①

『NOT FOUND特典 そうだ! うまく行かない時はお肉にかぶりつきえがおになろう! リフレッシュBBQ』

 

はい、タイトル優勝~~~!!!

ファンがほしいもの、わかってる~~!!! 最高! ありがとうございます!

あと「PAGES」視聴中、聡ちゃん不在のショックと本編エンディングの演出でべしょべしょに泣かされたわたしさんが、次に見るべきだったのはコレでした。

もし誰かにSexy zoneを勧めて、途中お相手がPAGESライブで情緒を乱されるのをみたら、その時はそっとNotFound Bを手渡そうと思います。わたしさん優しいので。

 

ちなみに前回のエントリーを読んだNさんは、

「なんでわざわざ、夏のハイドレンジアで傷口を広げたのか……選曲センスがなさすぎる……」

って言ってました。ひどい。

まあ自分でもそう思うけど、あの時そんな判断力はなかったんですぅ~~!!!

 

てなわけで、リフレッシュBBQですが、もうこれ最高じゃないですか、好き~~!!!

もう、笑顔の聡ちゃんがいるだけでにっこにこになってしまう!

しかもスタッフさんも聡ちゃんほめてくれてる! あ~~癒される、これだよこれ!

マジであの時ハイドレンジアで傷広げたの意味が分からないな!!!

 

……まあでも、ケンティーの紙飛行機には一時停止して頭を抱えましたけどね。

ちょっとずつわかってきたんですけど、お外用のケンティーと違って、身内用ケンティーってかなりやんちゃなんですね……ひと口はおっきいし、紙飛行機だし、テンションばか高いし……。

やめてよ……好きになっちゃうでしょ……(もう好き)

 

は~~~、そしてわたしさんの推しさんはすぐ腰にシャツとか巻いちゃって、カッコいいですねぇ~~! ギーーー!!!

まあでもわたしさん、もう素直に菊池風磨くんさんを推せるようになりましたからね!

そのくらいのカッコよさならちゃんと耐えられまs

 

袖まくりやめろや!!!!!

 

やめろやめろ!! 心臓がもたないだろ!!!

大人しく素直にリストバンドかわいい~~ってさせてくれ、頼む!

 

運転もやめてよ!!!!!

 

すごい……菊池風磨くんさん、どんだけ殺傷能力高いんだ……。

歌って踊ってなければ余裕やろ、って思って本当にごめんなさい、顔と挙動がめ~~ちゃくちゃカッコいいですね! くそうくそう、認めたくないけどやっぱりアイドルってすごい!

 

菊池くんさん&聡ちゃんの車中の会話は、最近仕事忙しくしてたお父さんと息子みたいでしたね……。

愛おしさが半端ない……聡ちゃん、ほんと、こんな新参者が言ってもなんの深みもないけど、おかえりなさい、よかったねぇええ!

 

ケーキ班のわちゃわちゃもねーー!!! 最高でした(さっきから最高しか言ってないな)

もぐもぐフルーツ食べる勝利君と、丸ごとパイナップル乗せるケンティー、好きすぎて顔面が破裂しちゃうかと思った! 毎日食べるセクゾだけを眺めて過ごしたい……一生セクゾちゃんがご飯食べてる番組を作って……誰か……。

 

聡ちゃんに、戻ると決めた時の気持ちを聞いてくれた菊池くんさんもよかったな……。

この人、情の細やかさがやっぱりすごいんだよなあ。言葉の選び方もいい……そしてPAGESの本編エンディングを思い出して再び泣くわたしさんなのだった。

 

BBQ中、ずーーーっとケンティーのテンションがおかしいのも面白過ぎました。え、こんなにはしゃぐ人だったの? 予想の三倍ぐらい元気なんだが???

年上組ふたりは、ちょっとギャップが特盛すぎるんだよな……そんなに人をたぶらかしていいんですか? いいのか、それが仕事だもんね。すごい、アイドルおっかない。

 

ところで、ねえまって、今がっつり肉いってたの、味見?!??!

さすがに味見、大胆すぎない??!?!

 

いやもう、こんな大食い推しできちゃうグループ最高すぎますね……。

このままずっとモリモリ食べる人たちでいてほしい……。

 

食べてるセクゾを眺めながらRUN(大好き)の話やマリくんの成長の話を聞いて、なんかすっかりこの人たちを好きになっちゃったな~としみじみするわたしさん。

推しができるっていいな。なんかほのぼのするし、元気をもらえる。

今夏は元気が出せる話を探すほうが難しかったから、この人たちにめちゃくちゃ救われてしまっているなあ……。

 

だがしかし、焼きそばは反則だ。

 

うん、不意打ちはよくないね!

セクゾさんにめちゃくちゃ救われてるけど、菊池風磨にはやっぱりめちゃくちゃ情緒を乱されてるわ!! どうして好みなカッコいいものを視界に入れたというのに、延々口からまろびでるのは悪態なのか……。くそうくそうかっこいいくそうくやしいぎゃわんぎゃわん!

 

そしてケンティーのひと口がやっぱり大きくて、その上追いマヨネーズまでするので、高校生かな??? みたいな顔に……。ビッグラブだよ……最高だよ中島健人

 

後はもう、シャンパンもケーキも縦読みも楽しくて嬉しく面白くてハッピーで、ひたすら、やっぱ5人がいいな、5人じゃなきゃやだなって思ってた。

や~もう、この特典すごいな。こんなもの見せてくれて、世界よありがとう。

 

追伸:頭いい菊池風磨くんさんの追撃もキッチリ食らいました。だからおかえりに感動して油断してるとこにそういうのやめて……。

 

その②

『POP×STEP!? 特典 サイコロ旅』

 

先に言いたいんですけど、「POP×STEP!?」めちゃくちゃいいアルバムですね!!!

Honey Honey』『One Abillty』『それでいいよ』が好きです。

や、他も好きですけど、この3曲は特に好き……狂ったように聞いてます。

ハニハニはな……PVも最高だからな……。菊池風磨のハイライト入ってない目を楽しみたかったらハニハニPVを見るに限る……。

現状、最推し曲は『Heat』次点『RIGHT NEXT TO YOU』なんですけど、ポプステあたりから好みの曲がめちゃくちゃ増えてて、仕事中のプレイリストが一気に充実しました。

更に余談なんですけど、人にSexyZone勧める時は最初に『Heat』を聞かせたいので、どうかどうか『Heat』のPVが作られますように(念)(ポプステの話じゃなくなったね)(でも最新曲が最高って、グループとして最高のお話だとわたしさんは思うのでした)

 

本題に戻って、Nさんの最推し特典「サイコロ旅」です。

へ~~と思いながら楽しみに開始すると、いきなり推しの半裸から状況スタートです。

 

どういうことよ。

 

いやまあ……うん、いいんだけど、その後を見てったらみんな寒い寒いって言ってる中、ひとり半裸で寝てた推し……。他メンバーに寝起きドッキリやれるって知って、尋常じゃないぐらい目を輝かせてる推し……。呑み込みづらい。なんというか、情報量が多い。

 

あとねーーーーー、浴衣の下にジャージ着てた中島健人くんが、ものっすごく好きでしたね!!!

ライブ見てると自然に菊池風磨を好きになってしまうあの恐ろしい予感のように、特典を見続けていると、中島健人の好感度が自動で爆上がりする気配がある。

わたしさんのこういう勘は当たるんだな。

なにせ菊池くんさんですでに実証済みですから。

 

さておき。

いや~~~~~、着替えると揃いも揃って文句の出ようがないイケメンですね。

ケンティーの髪色最の高だし、しょうまりくんたちのお洋服も、上品かっこよくて大好き! こういうキレイめの服を着こなされちゃうと、そりゃもう好きになるに決まってる。

菊池くんさんも、ラフっぽいのに中にしっかり襟つきのシャツを着てるのがいい……。見目いい人たちが好みの服装をしてくれてるだけで、どこかに金銭支払いをしたくなりますね。衣装課金をさせてください。

 

今回の特典の内容説明。

んんん??? ……もう熱海関係なくない……??? 帰路……???

 

というかドライブ? え、また運転特攻はいるの?

運転ってレア映像じゃないんだ??? え、課金先教えてください、ありがとうございます(真顔)

 

Nさんが、一押し特典って言ってた意味が少しずつわかってきた。

これは……なんだかすごく楽しい予感がする!!!

 

車内の顔面が揃って強い。こんな狭い空間にこんなすばらしく強い顔面がよっつも乗ってるの、普通にすごいな……。

 

海鮮BBQ、楽しそう~~!!!! 山盛り! そうでないと! FOO―――!!

 

もう最初から白米をほしがる菊池くんさんいい、素直に推せる。

そしてケンティーのテンションがガンガン上がってもりもり食べてるの、愛しいにもほどがあるなあ!

これまであんまり目立たなかったけど、マリくんもけっこう食べてる……。マリくんがもっとバンバン食べてるところも見てみたいなあ。

と思ってたらエビをカニ味噌にダイヴさせてました。よくやった! えらい! もりもり食べて!!

 

ん……? 勝利君、目の前にごはんあるのに「コメ食いたいな~」って言ってなかった? ん? ちょっとよく分からない、そんな腹ペコ属性なの、そのお顔で?? 100億点では????

 

いや~~~、この人たちがご飯を食べていると、なんでこんなにいいんだろう。なんか、生命力が上がる気がする……。並んでごちそうさましてる姿もベリーかわいいでした。

 

ああ……来たよ……生命の危機……。

 

菊池風磨くんさんの運転です。なんかねぇ~~、運転してる人の肘の角度っていいですよね! 好きな角度がある~。そんで、手首の骨と腕時計ね。は~~夢とロマン。もう全力でカッコいい、ありがとうありがとう。

 

でも全部中島健人にもっていかれたね??!?!

 

即興歌のくだり、マジでマジで、今年イチ笑ってしまった、特にラップ始まったあたりで笑いすぎて吐き気までもよおしてしまった。特典のケンティーの破壊力よ!!! すごい!! しかもこの暴走っぷりでも顔面は100万点、なんだそれ、理解が追い付かないよ!!!

わたしさんの生命の危機を救ってくれるのは、いつだってケンティー

――と、思ってたんですが。

 

もぐもぐかわいい⇒運転姿ぐう好き……⇒ラップで爆笑

からの……菊池風磨くんさんの本番はここからでしたね……。

渋滞を延々運転してくれて、寝てても怒らない、勝利君にも「いいよ、寝て」って言ってあげるの、なんかもはや二次元存在じゃないですか……。こういうのみんな弱いでしょ? 弱いって言って……わたしさんひとりで死になくない……。

わたし、菊池風磨の顔と表情と声とあおりが好きなだけだったのにな……これ以上人柄まで好きになりたくない……。

 

ドーナツ屋でも相変わらずわちゃわちゃかわいい。

ケンティー、ソフトクリーム乗ってるドーナツでも構わず手づかみなとこ、いいすね。

てか4口くらいで食べちゃってないか? いいぞ、そういうとこ大好……き……

 

はい、審議はいりまーーーす。

 

んんんんんん~~~~、顔が能面~~~~。

直前まで中島さまはいい人だソングでよじれるほど笑ってたのに、一瞬で動けなくなりました。

え、この人なに言ってんの????

 

「これ中島のキスの味だ(断言)」

 

いや……いや~~~意味がわからなかった!!!

完全停止した頭の中で、Nさんの爆笑する声だけが響いてた。

くそ~~~~~~、これの反応待たれてたんだろうな~~~、悔しい、でも呟いちゃう!!!!

 

急にキスの味とかぶっこんでくんな、白目むくやろ!!

驚きすぎて頭痛してきた!!(Twitter転記)

 

案の定Nさん、手を叩いて大喜びですよ。

まあね……さっきまでご機嫌で楽しい楽しい言ってたオタクが、ここで一度、完全に機能停止するの、傍目にはめちゃくちゃ面白いでしょうね……。

てかでも、見直してみたらあのケンティーですら、ちょっと困って笑うくらいしか反応できてないやんけ。

油断すると殺される。アイドルのリップサービスおそろしい……。

 

ドーナツ屋から移動。

あ~~、緊張してるマリくんの運転を、ぼそっと「い~じゃん」って褒めてあげてるのも刺さるわ~、隙がないわ~~、菊池風磨完全体だわ~~。

 

そして最後、足つぼで気が狂うほど笑って視聴完了です。

いや~~~、この特典、ちょっと尋常じゃないぐらい好きでした。

最初から最後まで一分の隙もなく好き!!! 楽しかった~~!!

途中、屋根あけて走ってるとことかも最高だったな~~。

Nさんに聞いたら、これ同じルートをまわる遊びがあるんですね! コロナ明けたら絶対やりたい! まあ……ミルクチョコドーナツは食べられる気がしないけども……あんなん、どんな顔で食べたらええんや……。

 

他にも細々特典とか、ダビングしてもらった過去の番組とか見たりしてるので、またダラダラ感想書きたくなったら書きにこようと思います。

 SexyZone好きになってから毎日とんでもなく元気でいられて、とても楽しい!

さ~、次はなにを見ようかな――

 

えっ、うそでしょ朝の5時じゃん!!

人生で一度もアイドルにふれてこなかった女が、ほんの3日で深夜号泣しながらSexyZoneのFCに入会することになった話。

 

あまりに情緒が乱れまくって、Twitterで苦しい苦しいと呻いていたら「でも、そういう感情と向き合っていくのがアイドルを観る者の義務だから……」なんて、

聞いてないが?!?!? そういう大事なことは最初に言って??!?!?

みたいな真実を告げられたのでこのブログを書きます。

 

こんにちはわたしです。

こういった文章での名乗りや語りのお作法がわからないので、おかしな始まりでしたらすみません。

このブログは、幼少時からあまりテレビ文化にふれてこず、アイドルさんたちに興味をもつ以前に、お顔の区別すらままならなかった女が、なんでこんなにSexyZoneに情緒をめちゃくちゃにされたのかを、一度落ち着いて考えるために書いています。

※テレビ文化へのなじみのなさは、テレビ局名とチャンネル番号が一致していない程度のレベル。フジに出てるよ! と言われるとまず、フジテレビが何チャンネルなのか検索する必要がある。

 

セクゾとの出会いは先月(2021年7月)のこと。

友人が定期的に開いている作業通話アプリの部屋で、セクラバのNさん(仮)とお話したことがきっかけでした。

その時の私のセクゾの知識は「ケンティーって呼ばれてる(フルネームは知らない)、やたら顔のいい、会話をなんでもSexyにつなげる、髪色チェンジが激しい人がいるグループ」というもの。

※のちに、この時はまだケンティー手越祐也君、平野紫耀君の見分けがついてなかったことが判りました。どうりでいつ見ても髪色が違うと思った……。

 

今思えば、Nさんという人は大変な策士でした。

わたしが「英語はできないくせに普段聴くのは洋楽オンリー」かつ「テレビをあまり見ないためジャニーズ所属タレントの知識がほとんどない」「職業意識の高さや、真面目さを評価軸にしがち」と知るや、即座に推し布教をMV視聴型からエピソード紹介型に切り替えました。

※普段聴くのはPentatonix、Dua Lipa、P!nk、Ed Sheeranあたり。顔が好みな女子が踊ってくれるのが好き。

 

根っからのオタクことわたしさんですので、基本的に文字情報を提供されれば無抵抗に全部読む属性があります。

Nさんが紹介してくれる、主に中島健人君のインタビュー記事は、真摯で頭の回転のよさと上品さが現れていて、プロ意識が高く正直めちゃくちゃ好感が持てました。

Nさんとお話するたびに、少しずつ中島健人君の知識が増えていきます。増えれば顔の見分けもついてくるので、テレビに映っているのに気づくと目で追うようになっていきました。

そして訪れる気づきの瞬間――

 

……いや、中島健人の顔面、めちゃくちゃいいな。

 

何がすごいって、いつ何時どのタイミングで映っても、まったく美形の印象が崩れないこと。笑った時も上品な印象のまま、口調は穏やか、切り返しは軽妙、人を傷つけないユーモアもあって、そういう全部が集約されてる感じのお顔だち。

 

……いや、めちゃくちゃ好みだな、中島健人の顔面。

 

人間って不思議なもので、この顔が好きだなって思うと、わたしぐらいテレビに興味がなくても、家族が垂れ流してるテレビからその存在を拾うことができるようになります。

あ、このCMケンティーだ。あ、この番組に出てたのもケンティーなんだ。

これは、あまりテレビを見ずに育った人には共感してもらえると思うんですけど、ひそかにジャニーズさんの見分けがつかないコンプレックスを抱えていたわたしは、ケンティーを見分けられることがだんだん嬉しくなってきました。

 

このあたりから、策士Nさんの追撃が始まります。

「わたしさん、確かバディものお好きでしたよね? 実は中島健人君にはシンメって概念の対になる人がグループ内にいて。菊池風磨君っていうんですけど」

 

その時のわたしさんの素直な感想は「へ~~」です。

気難しいオタクであるところのわたしさんです。運命的なバディものが大好きなわたしさんです。意図的に作って提供されるシンメなる概念のことがよく分かりません。

 

運命とかは勝手に読み取るので、ご提供されなくていいです。

 

というのが最初の感想。ただ、この頃(8月初旬)には5人の見分けがだんだんついてくるようになっていて、どうやら菊池風磨君もなにかのバラエティーで見たことがあるな、と気づきます。

なんかヤンキー売りっぽい怖そうな人。

菊池風磨君の第一印象です。

 

このあたりから、Nさんの布教がシンメ売り方面に変わってきました。

というか、今思えば中島健人君のことを話そうとすると、自動的に菊池風磨君にも言及せざるを得ないんですよね……。

わたしさんは思います。

 

中島健人の顔面が好きなだけなのに、なぜか菊池風磨の解像度も上がってきたが???

 

正直、ヤンキー属性はあまり持ち合わせていません。

唯一好感が持てたのは、ケンティー菊池風磨君、どっちもめちゃくちゃ負けず嫌いそうだな、という点。負けず嫌いでプライドが高い人が大好きなわたしさんは、同じぐらい負けず嫌い同志、という一点においてのみ、この組み合わせは好きだな~と思います。

 

そんな中、文字情報での洗脳が一定域に達したからでしょうか。

Nさんから「新曲の特典映像がかわいかったので、CD送ってもいいですか?」という連絡が入ります。

この頃、世の中はコロナ真っ盛りの中の五輪開催という狂気の中にあり、ストレス耐性鬼強のわたしさんですら、心が疲弊しきっておりました。

わたしさんは思います。なんて心優しいお申し出だろう。荒み切った今の心が、好みのお顔立ちで癒されるかもしれない……。

この時点のわたしさんは、ただただ中島健人君の顔を見て、楽しい幸せな気持ちになりたいとだけ考えていました。

 

まさかこの一歩が、今のぐちゃぐちゃの情緒につながるとは思いもせずに。

 

さて、ささやかなお礼を送りつつCDを待つ間に、さすがに礼儀としてMVを見てみようかなという気持ちが起こります。というか、ジャニーズってyoutubeあったんですね。なんとなく動画は外に出さないような印象を勝手に持っていました。

 

最初は新曲だという「夏のハイドレンジア」

むむ……顔の区別がついてきたと思っていたけど、動画で照明の具合が切り替わったりカットのつながりが速かったりすると、まだちょっと混ざる。たぶん、ケンティーだと思っているうちの2割3割くらい、菊池風磨君か佐藤勝利君が混じっている気がする……。

声の聞き分けもまだ当然できなくて、でも時々好みな声が混ざっているのが気になる。

これ、誰の声だろう。発声が柔らかくて、響かせ方が好みだな。もうちょっと一人一人のパート長くしてくれたらいいのに。

 

自動再生が続けてかけたのが「LET’S MUSIC」

あ、これは照明が明るいから判別がつきやすい! やったーケンティーをたくさん追いかけられるぞ! ……と、思っていたんですけど。

やたら首や肩の使いかたが好みな人がいる。

ちょっとした動きが目を惹く人がいる。

あっ、へ~~~これが菊池風磨君だ! 骨格がしっかりしてるから、ちょっとした動きに迫力出るしいいなあ。ヤンキーは苦手だけど、やんちゃめの印象が、皆で動いてる時にはいいアクセントになるんだな。

わたしさん、嗜好が小学生男児なので、足が速そうとか動きが強そうとかだと無条件に「すげーかっこいー!」って目が追ってしまう癖があるのが困る。

 

HONEY HONEY

衣装が最強にカワイイ!!!! 

びっくりした!!!! みんなカワイイ!!! えっ、カワイイ!!!!

余談ですが今思うのは早急に5人バージョンが見たいということです。

さらに余談ですが、この時の菊池君の表情がやけに刺さるなって思ったんですけど、後から理由がわかりました、後でお話しします。

 

さらに続けて、「NOT FOUND」「RIGHT NEXT TO YOU」

この辺りからさすがに異変に気付き始めます。

 

好みの声の人がいると思ってたけど、これ菊池風磨君だな……。

体の使いかたに雰囲気があるな。もっとオラオラ雑な感じかと思ってたのに好みだな……。

 

見てる間、中島健人君の顔がめちゃくちゃ刺さるし、急にカワイイ表情とかするし、動きがしゃっきりしてて華があるしで、にこにこしちゃうんだけど、ふとした時に菊池風磨君の動きを目が追ってる。どうも、このまま動く彼らを見てると自然と菊池風磨君の好感度が上がってしまう気配がある。

正直者のわたしはNさんに素直にこれを伝えました。

 

「わたしさん、CDだけじゃなくて円盤も送っていいですか?」

 

追撃です。

まあわたしだって、狙った布教相手がこんなこと言い出したら追撃します。

でもNさんは本当にすごくて、大量の円盤、CDと一緒にタイトルリスト、おススメ曲紹介なんかもつけてくださってて、あまりの手厚さに「これ……何をお返ししたらいいんだ……」って顔になりました。

 

そしてその同じ箱に問題の雑誌が入っていたんですよね。

「相性(バディ)の化学反応」って書かれた、中島健人君と菊池風磨君が表紙のan・anが。

長年オタクをやってると、悟りますよね。

 

あ、これちょっとヤバい。

 

何がヤバいって、わたしさんは目にハイライトが入りづらい顔というものに、男女問わず致命的な脆弱性を持ち合わせてるんですね。

Dua Lipa(推し)も元々ハイライトの入りづらいあの瞳と、聞き流させずに引っ搔き傷を残してくるみたいな声にやられて推し始めてるくらい。

あ~~、この人の目、弱いやつだ。というか、HONEY HONEYでやたら気になったのも菊池風磨君の目だ……これはヤバい。

 

この時のわたしさんは、頑なに推しを中島健人君だと思っています。というか、今も全然ケンティー推してます、顔とプロ根性と腹ペコ属性がめちゃくちゃ刺さる。

一方、菊池風磨君のことは推したくない、というのがその時のストレートな気持ち。

なんか、誤解なく上手く伝えられる気がしないんですけど、菊池風磨君を推すのはなんか悔しいし、わたしさんまあまあいい年なので恥ずかしさがある。

あと、動いてるのを見ていて好みでも、話し始めたらヤンキーかもしれなくてそれが怖い。

※なんか今でも、他のメンバーの誰を推すより菊池風磨君を推すのが一番恥ずかしいんですけど、これどうしてでしょうね? かえって本気度合いが高くて恥ずかしいやつな気がしますけど、気づかない顔をしてたいです……。

 

推しはケンティー。心に言い聞かせるわたしさん。

 

今は菊池風磨君のことがよく分からなくて、心のどの棚に分類していいか分からないだけ。分類がすめば心置きなくケンティーを推せる。よし、理解を深めるためにも円盤、見ましょ!

 

まずは準備運動として夏のハイドレンジアBについてきた「セクシーキャンプ編」を見る。

なんかものっっっすごく平和。

ここまでぜんぜん話題に出してないですけど、いつ見てもお顔が大勝利してる勝利君は、第一印象よりもずっと少年ぽさがあって、逆に聡ちゃんはいちいち動きがかわいい。

仲良しな人たちがのんびりしてるのを見るのは、疲れた心に効くな~、かわいいな。

 

というかケンティーひと口がめちゃくちゃでかいな??!?!?!

 

このDVDはほんと、ケンティーがご飯食べる時、めちゃくちゃひと口でかくてそこが直撃で可愛かった……。後でNさんに訊いたら、セクゾみんなめちゃくちゃ食べますって言われて噓でしょ推せる!!! ってなりました、余談。

全体的に可愛かったし、菊池風磨君の普段の言動が思ったよりはオラついてなくて安心。むしろ頭の回転が速くて、好感度が上がるなどしました。

 

そんなこんなで、満を持してライブに挑む。

見る順番をNさんに訊いたら「年代ごと順番に」との指示。

これ、後からNさんほんとすごいな……って思ったんですけど、理由は後述。

 

「SexyTour2017~STAGE」

歓声からスタート。

あ~~、いいな。推しの来日キャンセルになって、それから2年ライブに行ってないんだな、ライブ行きたいな~~!!!! ……ってしみじみ。

 

最初の感想は、

ケンティーは偉い。

偉い。強い。見せ方を知っている。ひたすらケンティーえらい、を繰り返す。

MVより断然ライブがいい。ものすごく輝いてる。

輝いてるのは聡ちゃんもで、特典映像の時はほんわか可愛い子だな~と思っていたのに、ライブは元気があってとてもよかった。マリウス君は全体的にちょっと頼りない。背も高いし歌もダンスももっとできそうに見えるけど、これは年齢もあるのかな??? 育ちきってない感がある。勝利君はフェアリーのような可愛さだと思ってたけど、実際動いたり話したり歌ったりすると男の子感が強くて、あ~~~これは弱い人に的確に刺さるな!! といった感じ。

 

問題は菊池風磨君だよ……そんなピンクの髪色が似合うなんて聞いてない

音の捉え方もいい、身体の動きが目をひく、リズム感がいいんだな……。

あと声。

時々すごく刺さる声を出してくる。

時々するその発声をもう一度聞けないかなって期待で、画面に映ると目が追ってしまう。

元々上手いんだと思うけど、これ、もっともっと上手くなれるんじゃないか?

身体が音楽やるのに向いてるんだなあ、なんかポテンシャルお化けって感じ。

 

で、完全に予定外だったのが煽り。

「せーの」だの「やれんの?」だの「よくできました」だの「やりゃできんじゃん」だの。

 

やめろよ!!!! それ好きなやつだわ!!!!(半ギレ)

 

いやほんとやめてほしい。わたしさん本当にそういうあざといヤツに惑わされていい年じゃないのよ。っていうか声。声その声やめてその声の色本当に弱いから困る。

 

ちょおおおソロ曲!!!! が、いいわねぇええ!!!!(混乱)

 

途中、ライブのMC冒頭をお天気の話でつなごうとするおそろしい事態にこれ事故ってないか??!?! ってハラハラしていたというのに、菊池風磨君のソロ曲に悔しさを噛み締めるわたしさん。声がいい~~~。

 

ちなみに、ライブを観始める前に嫌な予感がして(本アカでつぶやき始めたら完全に事故る予感がして)Twitterの新規アカウントを作って、途中途中実況しながら観てたんですけど、菊池風磨君のソロの間、あーとうーしか言えてなかった。

 

そんなわたしにNさんのコメント「もう菊池担じゃないですか」

これに力強くちゃうねん!!! と返すわたしさん。

だってわたしさん、こんなにも中島健人君の顔面とプロ根性が好きなんですよ。

ライブ中の一挙手一投足、一切気を抜かないのすっごくえらいと思うし、敬意を抱いてしまうし、なによりド直球に好みな顔をしていらっしゃる。

 

……まあ、あの……菊池風磨君のお顔も、わりと、いやかなり、相当けっこうその……好みでは……あるんですけども……。しかも表情の作り方がずるいですよね。悔しいけどカッコいい。カッコイイのがわかっててカッコいい顔されるんだから、そりゃ刺さるわ、ただのマッチポンプだわ。

スタイルも好みですね、骨格がしっかりしている人が好きです。リズムの取り方も声も煽りも思った以上に好みでした。

 

でも、推しはケンティーです!!!!

 

もうね、今思うとこうやって言い張ってる時点のわたし、Nさんめちゃくちゃ面白く見てただろうな~って思うんですよね。

だってこの後「Repainting」「PAGES」が待ってるんですよ。

Nさんは言いました。

連休中に「PAGES」までは観てくださいね、と。

今はもう、わたしだってわかってますよ。

 

PAGESまで観たら確実に菊池風磨にヤられるってわかってて言ってただろ!!!!

 

まあその時点でそんなの知る由もないわたしさんは、連休中も絶対、菊池風磨陥落を踏みとどまってみせる、と息巻くのでした。

そう、これは負けられない、わたしさんのプライドをかけた戦い……!

 

翌日「Repainting」視聴開始。

冒頭から、あーーあーーあーーとしか言えなくなる。

だってわたしさん、成長と変化を愛するオタクなんです。みんないきなりめちゃくちゃ成長してる!!! マリウス君、段違いに体動いてる! 聡ちゃんも勝利君も声出るようになってる! いいなあ! すごいな、めちゃくちゃ応援したくなるな、なんだこれ!!

アプローチとしては、一番最近の一番いいやつから見せる、みたいなこともできたと思うんですけど、Nさんに的確に弱点を突かれた形

すごい、こんなの全員好きになっちゃ……う……――

 

あーーーーー(Twitter転記)

 

ごめんごめんごめん、ちょっと待って、ちょっと考えるので半日待ってほしい。いやこれは、これ、そん、これ(Twitter転記)

 

ごめんなさい。まいりました。そうです「My Life」です。

こいつ(口悪い)、この人、このお方、自分がどう動くとカッコいいかめちゃくちゃわかってる……あ~~、くそ、悔しい、認めたくないけどめちゃくちゃ刺さる。STAGEの時より特効上がってる!

動きもそうだけど、STAGE視聴中にも時々聞こえてた菊池風磨君の好みドンピシャな発声を、Repaintingではガンガン使うようになっており、つまり殺傷能力が桁違いとなっていて……

 

いや、オーバーキルだろ!!!!!

 

だってバラエティー菊池風磨君を認識した人、絶対こんな声で歌うなんて思わないでしょ? 素直に声出した時のちょっとさびしい響きと、決め所がわかってる目を惹く身体の動かしかたと、ちょっと視線外した時に表情ににじませる含羞と……。

も~やだ、この感情を受け入れたくない。なんかなんでそんな意地はらなきゃいけないのかよくわからないけど認めたくない。わたしゃギリギリまで足掻くよ……。足掻くためにちょっと休憩させてね……。態勢を整えてこの不利を覆すから……。

※アイドルってライブめちゃくちゃ歌うんですね。慣れてないから演出に驚いたりアイドル分の過剰摂取にぜえはあして、一時停止しながらじゃないと観られなかったです。

 

(休憩後)ところで、「Repainting」でみんなMCがかなり上手になりましたね!!!!!

お客さんと対話できてるし、話題の選び方もよくなってるし、会話の軌道修正もできるようになってるし。正直、STAGEのトーク、ハラハラが止まらなかったのでとっても安心してしまった。ごはんのお話はテッパンだよね。腹ペコケンティーめちゃくちゃ好きです。

 

よしよし、MCで和んだしだいぶ抵抗力戻ってきた気がするぞ。大丈夫、ケンティーが画面にいれば正気が保てる。ありがたい、さすがわたしの推し。いつ見ても何度見ても全力で眩しくて顔がいい……顔が最高にいいんだが……。

 

だめか~~~!!!!

 

正気は保てませんでした。「Sing along song」です。

一度弱いと自覚しちゃうとダメですね、声。

なんだろう、なんでこんな刺さるんだろう。わたしの大好きな映画に「ONCE ダブリンの街角で」ってタイトルのものがあるんですけど、それに出てくるマルケタ・イルグロヴァをちょっと思い出す。声が似てるとかじゃなくて、変わった女の子風に登場したのに、いざ歌うと胸が苦しくなるようなさびしい、ぎゅうぎゅう心臓掴まれちゃうような声を出すギャップが、そんな武器使われたら抵抗なんてできないでしょ!!!! って感じで被ってしまう。

 

そしてダメ押しがPEACH!」

だから、ピンクがそんなに似合うなんて聞いてないんだわ!!!!

いや、わかってる。

わかってますって。

いくらなんでもさすがに伏線回収が速すぎる。

それはわかってるんだけど、顔と表情と声と動きが好みで、そのカッコよさに必死で抵抗してたところに可愛いをぶつけられたら、それは無理でしょ……。どうにもならんでしょ……。

 

もう事態が、ケンティーが煌いてる時にしか正気に戻れないところまできてる。

 

というかでも、そんな人体バグってある?!??!!

ケンティーが動いてるとそのプロ根性に脳が一気にクリアになるんだけど(それはそれで恐ろしい。すごい! えらい! 最高! で脳がいっぱいになる)

菊池風磨君が画面にINしてくると途端に脳が混乱し始める、なにこれコワイ。

ライブ視聴中、何度も「助けてケンティー……」って呟いてました。

 

あのですね、わたしは浮世の憂さを忘れたくて、キラキラふわふわしたものを求めてたんですよ。

ケンティーのあの、見ただけで無条件に幸せになれる顔面をひたすら眺めたかっただけなんです。

 

私が欲していたのは、ケンティーの顔面とそれに付随するプロ根性

なのに実際に得たのは、ケンティーが命綱の菊池風磨という沼!!!!(Twitter転記)

 

TwitterではNさんが「PAGESを待たずにRepaintingで菊池君に屈してしまった」「PAGESで陥落予定だったのにRepaintingでもう負けてるから思ったより早い」などと煽ってくるし、どんなに足掻いても菊池風磨君はカッコよくて時々可愛い。なんだこれつらい。恥ずかしいし悔しいし敗北感に打ちのめされている、つらい。

 

最後の煽りまでキッチリ食らって視聴終了です。

認めます。負けました。

どうやらわたしの推しは菊池風磨君らしいです。理由はまったくわかりません。

もう菊池君が画面に出てくると嬉しいし、菊池君が歌うと悔しいし、菊池君が踊ると顔を覆うようになってしまった……ちょっとヤバいなって思ってからたった3日でこんなことになると思わなかった。

もう、認めたことで許してほしい……これ以上は無理です。

 

とりあえず連休最終日、Nさんにそこまでは観てと言われていた「PAGES」をスタート。

衣装がいきなり可愛くてテンションが上がる……上が……あ……っ

 

4人だ……。

 

いや、知ってたんですよ、先に教わってたんですよ。けど前2つのライブで聡ちゃんのこと大好きになっちゃってたから忘れてしまってた。

えっ、ついさっき菊池風磨君を推しだと認めて楽になろうと決めたのに。

いっこ前に色々噛み合うようになって、成長を感じて、ほのぼのしたり安心したり、菊池君が時々可愛いことを認めるところまでたどりついたのに、こんなの普通に辛すぎるんだが。

 

セクゾファンの人に思いをはせて泣いてしまった。

わたしは今、聡ちゃんが復帰したことを知ってこれを観てて、それでもこんなものすごい喪失感なのに、セクラバの人たちどんな思いでライブ行ったんだろって思ったら直撃してしまった。

自分でも驚くぐらいショックを受けたけど、Nさんは最初から聡ちゃんの一時離脱を教えてくれてたから文句は言えない。

……いや言うわ。

どんな顔で見ればいいのよ、情緒がひっちゃかめっちゃかだわよ!!!

 

気を取り直して観る。

最初の衣装が本当に可愛い。ステージは4人でしっかり成立してて、めちゃくちゃ頑張ってることが伝わってくる。特にマリウス君は最初の印象よりかなり声が出るようになっていてじわ~っときてしまう。

 

ただランドセルは正直、アイドル初心者には受け止めかたがよくわかりませんでした。

温度差で心が風邪をひくわよ……。

 

あ~~、でもこうやってなにがなんでもエンタメ成立させてやるぞって気概なのかな。そう思うと愛おしさを感じる。たった3日でこんなにも感情移入するようになるとは思わなかったな……。

 

「イノセントデイズ」

この歌いかた、弱いな。もはや菊池風磨君の声に対する抵抗力が皆無になっている。

無抵抗のところに声がガンガンぶっ刺さってくる。わたしは弱い……弱さを認めるしかない。あと、赤い髪がとんでもなく似合っててもう情緒不安定どころの騒ぎじゃない。好きと悔しいとさびしいと愛しいとよくわからんと好きが、心をめちゃくちゃに乱してくる。おかしい、さっきも言ったけどわたし、癒しを求めてアイドルの扉を開いたはずなんだが????

 

Cocoa

いやもう、いっそ殺して??!?!??

その声でその歌詞でこの曲調あかん。

ここまでことごとくソロ曲ぶっ刺さってきましたけど、これはダメだろ。

ダメだろ??!?!?

嘘でしょ。これが来るって知らずに菊池風磨に抗ってみせるとか言ってたわたし、あまりにも滑稽過ぎない??!?!? こんな負け戦ってなくない?!??!

あまりのオーバーキルに体調悪くなりましたね、マジで。

だって許してって言ったじゃん。認めたからもうこれ以上は無理なので許してくださいって言ったのに、なんだこれ。人間はアイドルのオーバードーズで死ぬんですよ、知らんけどたぶん。

 

これで完全にノックアウトされたせいか、その後は一時停止せずに見ることができました。

抵抗をやめれば心穏やかに楽しめるものですね。ようやくアイドルを楽しむ真理にたどり着いた気がします。

……まあ甘かったんですけど。

 

「本編ラスト」

泣くじゃん???!?!??!

いや、その演出は泣くじゃん???!?!

この時点で時間は23時過ぎ、明日は仕事、TLではNさんがPAGESのペンラが写真撮ってるクマ=聡ちゃん概念だって教えて追撃してくる。

だから、泣くじゃん???!?!??!

もう、鼻ずっびずびにしながら観終わりましたよ、PAGES。

本当はそのままメイキングを観ろって言われてたけど、どう考えても一度聡ちゃんを摂取しないと心が死んでしまう。

 

「夏のハイドレンジア」A盤、MVとメイキング

うわ~~~、最初聴いた時からの解像度の上がりかたがエグい~~~!!!!

聡ちゃんかわいい、そしてマリウス君がいない~~、全く情緒が安定しない。完全に選曲ミス。

そして、最初聴いた時に気になった好きなパートがことごとく菊池風磨君だったことに気づかされ、どんな答え合わせだよ!!!! と半ギレになる。

 

もうどうにもならなくてNさんに助けを求めることにしました。

事前に聡ちゃんが復帰した時のおかえりなさい動画がどこかにあると聞いていたからです。

Nさんが言うにはファンクラブに入るとその動画が観れるそうです。しかもあと数日で観られなくなることもそこで知る。

 

いや、入るよ。

この辛さを埋めるためなら入る。今までの人生でFCなるものに入ったことなんてないですけど、こんなメソメソした気持ちのまま明日仕事なんてできるはずがない。

とりあえず、連休中PAGESまで絶対見てって言ったNさんのことを許さないと思いつつ、半べそで入会手続きを……

 

ねえ、入会時に推しを訊かれるとか聞いてない!!!!!

 

こちとらつい数時間前に、死ぬ思いで仕方なく推しを認めたところなんですよ?

死体蹴りしちゃダメってお母さんに習わなかったの???!?!

こんなことなら昨日のうちにFC入会しておけばよかった……。

おまえは誰が推しなんだ? 答えろ、そして刻み付けろとでも言わんばかりですね(被害妄想)

 

泣きながら聡ちゃんの動画をみるために菊池風磨が推しと自己申告してファンクラブに入る狂気の沙汰(Twitter転記)

 

でもこのおかげでおかえりなさい動画を見ることができて、よかったねええええ!!!! の気持ちで翌日の業務をこなすことができました。

マリウス君は、学業の都合で一次離脱とのことなので、きっとめちゃくちゃ成長して帰ってきてくれることでしょう。

正直、すでにもう一度5人そろったセクゾが見たい気持ちでいっぱいですが、これまでセクラバさんたちがめちゃくちゃ戦ってきたことを思うと、楽しみに信じて待つぐらいしかできることがないですね……。

 

それにしても、まさかわたしの人生でここまで急転直下アイドル沼にはまることがあるとは。

たった3日でこんな大事故に遭うことがあるとは。

あれから数日、今は風磨君見たさにジャにのちゃんねるを観たり(後輩ムーヴする風磨君とてもいい)、慣れない番組表と戦いながら苦手なドッキリを観たり(ドッキリふまけん仲良くてかわいくて「照れてる菊池風磨」って完璧な特攻決めてきて最高でしたね……)、 雑誌を予約したり(朝起きたらnon・noの記事を見つけてあまりのことにひっくり返りました……世界でたった一人のシンメて……)(ご提供される運命なんていらないとか、生意気言ってすみませんでした無事死亡です)、円盤の続きを観るための時間を捻出したりしています(連日の夜更かしがキツくなってきました)(このブログは朝の4時までかかって書きました)

 

そして菊池風磨君が、第一印象よりずっとずっと情が深くて、頭の回転が速くて、人懐っこくて――柔らかな感受性と、繊細さを持っているんだなということを知りました。

 

いやその顔でその声でその繊細さは反則だからな、マジで。 

 

当初もくろんだ、アイドルを観て癒されよう~とはかけ離れたぐちゃぐちゃの情緒にはなりましたが、人生にハリが出て生命力が上がったような気もしています。

いつかコロナがどうにかこうにかなったら、ライブにも行ってみたいな~。

 

とまあ、駆け足でしたが「人生で一度もアイドルにふれてこなかった女が、ほんの3日で深夜号泣しながらSexyZoneのFCに入会することになった話」もとい、

中島健人の顔面を愛でるつもりが菊池風磨に死ぬほど情緒を乱された女の話」を終わろうと思います。

あのポテンシャルお化けな菊池風磨君が、これからどんなパフォーマンスを見せてくれるのかがめちゃくちゃ楽しみ!

自分の情緒がどうなっちゃうのかはちょっとだけ不安!

 最後にNさん、わたしをSexyZoneを教えてくれてありがとう、全部観終わったら何か美味しいもの送りますね!

以上、いまだに菊池担を名乗るのはおこがましくも恥ずかしい気持ちでぐねぐねとねじれながら……。

 

おしまい。